身近な進映社

no1 第一回:フォトマスクってなに?

  1. こんにちは〜!

  2. あら、いらっしゃい。
    どうしたの?

  3. ボク、◯◯小学校の進(すすむ)といいます。
    学校の宿題で、学校の近くの会社に取材することになりました。
    フォトマスクっていう名前が気になっていたので、進映社さんを取材したいと思って来ました。

  4. なるほどねぇ。
    分かった、協力するわ。

  5. ありがとうございます。

フォトマスクって?

  1. ところで、この「フォトマスク」って何ですか?
    聞いたことがない言葉だったので、とても気になっていました。
    フォトって写真で、マスクって被るヤツですよね?
    もしかして、写真で出来たリアルなお面ですか?

  2. う〜ん、残念だけど、そのマスクも、風邪のときに使うマスクも、フォトマスクには全然関係ないの。

  3. えっ、そうなんですか?

  4. 進くんの家には、テレビやパソコンがあるでしょ?
    そのテレビやパソコンを作るための必要不可欠なものとして使われる技術なの。

  5. へぇ、それはスゴいなぁ!
    被るマスクは全然関係ないんですね!
    では、フォトマスクがどういったものか、教えて下さい。

  6. 分かったわ。
    では、こちらにどうぞ。

フォトマスクってどんな技術?

  1. まずフォトマスク(Photomask)について、説明しますね。
    フォトマスクとは、簡単に言ってしまえば、透明な薄い板に光を通さない膜で模様を描く技術なの。

  2. う〜ん、全然簡単じゃないよ・・・。

  3. 例えば影絵を考えてみましょう。
    画用紙を好きな形に切り抜いて、透明なセロファンに張り付けて、光を当ててみるとどうなるかしら。

  4. 切り抜いた画用紙の形で、影ができます!

  5. そうなの、この画用紙が光を通さない薄い膜で、透明なセロファンが透明な薄い板だと考えると分かりやすいわね。
    フォトマスクとは、簡単に言ってしまえば、影絵用の形を透明な板に描く技術のことなのよ。

  6. でも、そんな影絵を作ってどうするの?

フォトマスクは日焼け用?

  1. では、さっきのように、画用紙を「A」という形に切り抜いたとしますね。
    それを、透明なセロファンに貼付けます。
    夏の海で日焼けしている人の日の当たっている肌の上に、このセロファンを置いておくとどうなると思う?

  2. 多分、日焼けした肌に「A」という文字だけが白くなっちゃうんじゃないかなぁ。

  3. そうよね。
    さっきも言った通り、薄い膜は光を通さないので、その部分は日焼けしないの。
    フォトマスクとは、日焼けで模様を描くために作るものなの。

  4. う〜ん、どういうことですか?

  5. 例えば、スマートフォンにはタッチパネルがついているでしょ?
    あれって、どうやって動いていると思う?

  6. 手が触れることで発生する静電気で動作しているって聞いたことがあります。

  7. 静電気の信号をコンピュータに伝えられるようになっているの。
    目には見えないくらいの細かい回路が液晶パネルについているのよ。

  8. そんなに細かい回路なんだー。
    すごいです!

  9. そう言った細かい回路を液晶パネル上に貼付けなくては行けない訳だけど、その為に利用されるのがフォトマスクなの。
    そこまで細かい回路だと、人間が手で回路を貼付けることは出来ないでしょ。
    そこで、光を使って、電気を通す素材を転写する技術を用いて、回路を透明な板に貼付けるわけ。
    つまり、電気を通したくない部分を薄い膜で形作って、透明な板に貼付けて、その板を通して、液晶パネルに電気を通す素材を転写するの。
    そうすると、液晶パネルには、薄い膜がついていない部分のみ電気を通す素材が付着するでしょ。
    それが、電子回路となって使われるの。

  10. 本当だ、日焼けとまったく同じだね。
    でも、何でそんなに面倒なことをするの?

  11. 1mmの何百、何千分の一なんて目で見ても分からないような細かい回路になると、とても機械で回路を描くことは難しいの。
    なので、この方式なら、光りが通れば回路が描けるから、とても細かい回路を作ることが出来るの。
    さらに、何度も光を当てられるから、回路を量産する場合にとても役に立つ技術なの。

  12. なるほど、それでフォトマスクが重要な技術なんですね。
    少し分かった気がします。
    また取材に来るので、教えて下さい。
    ありがとうございます。

  13. またいらっしゃい!


ページ先頭へ